FXの為替金利は複利効果

FXの為替金利(スワップポイント)には複利効果があります。
複利効果とは天才物理学者のアルバート・アインシュタインも『数学の歴史上最大の発見は何か?』との問いに『複利』と答えるほどで投資期間が長期間になるほど驚異的な効果を発揮します。

FXで実際に為替金利(スワップポイント)の複利効果を得るにはレバレッジ(てこの原理)を低く抑えてポジションを増やしていく方法があります。
例えば、レバレッジ(てこの原理)を4倍以内と決め、為替金利(スワップポイント)による不労所得運用をしようとした場合、安易にポジションを増やしてしまいますとレバレッジ比率はどんどん上がってしまいます。
複利効果を利用してレバレッジ(てこの原理)を4倍以内に抑える為には、保有しているポジションから生じる為替金利(スワップポイント)を引き出さずに貯める事です。
そして新たにポジションを増やしてもレバレッジが4倍以内に納まるようになった時に新規ポジションを増加させます。

FXで不労所得運用を行なう場合は上記を繰り返す事によりレバレッジを低く抑えられ、ポジション数が増加すると共に為替金利(スワップポイント)の受取り金額も増えますので最も効果的な複利運用といえるでしょう。

FXはパート主婦も不労所得

FXの為替金利(スワップポイント)で不労所得を得る際に必要となる資金は外為業者へ預け入れる証拠金になります。
為替取引はトレードを行なった通貨ペアの取引金額の全額を受渡しせずに為替取引で保有したポジションを決済した場合に発生する為替差益、もしくは為替差損の損益分を口座証拠金へ反映する差金決済システムですので、証拠金は一定の含み損が生じた場合の担保として取り扱われます。

FXは外為業者に預け入れた証拠金に対してレバレッジ(てこの原理)を用いて行ないますので、株式投資や債券投資のように多額の資金を必要とせずにパート主婦の方も口座開設を行い、小資金から始めることが出来ます。
外国為替市場(インターバンク市場)は月曜日から金曜日まで24時間オープンしているので、忙しいパート主婦の方でもお好きな時間に為替取引を行なう事が可能です。

FXで為替金利(スワップポイント)を得る際はレバレッジ(てこの原理)を低く設定しておきますと、少々の為替変動でも追加証拠金(追証)や強制ロスカットになる事はありませんので、パート主婦やビジネスマンの方は日常業務に支障なく不労所得とする事が出来るでしょう。

FXのシステムトレード

FXで不労所得を得るにはスワップポイントによる資産運用が最適ですが、為替差益も狙いたい投資家の方にはシステムトレードがお勧めです。
システムトレードはファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を考慮せずにテクニカル分析からシステムソフトが売買のサインを出します。

FXでシステムトレードを行ないますと、売買ソフトのサインに従ってトレード注文をだしますので、上昇トレンドや下落トレンドと言った相場観がいらず、投資家の投資歴も関係なく、初心者の方でも同じ売買サインで機械的にトレードすることになります。
システムトレードの売買サインに従って保有したポジションは必ず為替差益となるわけではありませんが、投資家の強気の心理や弱気の心理を排除できるのが特徴です。

FXでシステムトレードはスワップポイントと為替差益を得ることが出来るので限りなく、不労所得に近いといえるでしょう。システムトレードは売買サインが出なければトレードを行なう事もありませんので、日中は忙しいサラリーマンやパート主婦の方には僅かな時間でトレードができる売買ソフトです。

FXのスワップ通貨

FXの通貨ペアは為替業者によっては数種類から数百種類も取り扱っていますので、どの通貨でスワップポイントを受取るかが大変重要になります。
スワップポイントの高い発展途上国や新興国などの高金利通貨は政治的リスクが高く、いつ暴落するか分かりません。
国債格付けの低い国は多くの問題を抱えており、海外からの投資資金が流れにくく、暴落するとスワップポイントは受取れますが含み損による損失を抱える事になります。

FXで不労所得とするスワップ通貨を選ぶ際は国債格付けの高い国である事や高金利政策を取り続けている国である事、資源国通貨(コモディティー)である事などが条件となります。資源国は原油・金・農産物・アルミニウム・天然ガスなどの天然資源が豊富にあり、貿易も盛んに行なわれています。
スワップ通貨としては豪ドル(AUD)、カナダドル(CAD)などが良いでしょう。
NZドル(NZD)も資源国通貨(コモディティー)ですが、国土が小さく外国為替市場で流通量も少ない事から短期間で大きく為替レートが変動するリスクがあります。

FXの為替金利で不労所得を得る場合、スワップ通貨選びが重要となりますので通貨選びは高金利に惑わされず、慎重に行ないましょう。

FXの通貨スワップ投資

FXで通貨スワップポイントによる不労所得を得る場合、外為業者は通貨スワップポイントの高いところがお勧めです。
為替トレードを行なうのであれば、売買手数料やスプレッドなど投資スタンスに合わせた外為業者選定が必要になりますが、通貨スワップポイントを受取り不労所得とする事が目的ですので、売買手数料やスプレッドは考慮する必要はないといえるでしょう。

FXを行なう外為業者は多数ありますが、一番適しているのは『くりっく365』を採用している外為業者です。『くりっく365』の通貨スワップポイントは常に高く、税制上の税金等も優遇されています。
従来の外為業者が所得総額により15〜50%の総合課税が課せられるのに対して、『くりっく365』では所得総額に関係なく、一律20%の申告分離課税とされていますので税制上優遇されています。
また、投資家が預け入れた証拠金が取引所の規則により信託保全とされており、万一倒産等の事態に陥った場合でも投資家保護が行なわれています。

FXの通貨スワップポイントを不労所得にする場合、税金も考慮する必要がありますので、『くりっく365』は通貨スワップ投資を行なう投資家にとって最適といえるでしょう。

FXと不動産

FXの為替金利以外で不労所得を得る方法に不動産によるマンションやアパートなどの賃貸収入があります。
不動産収入は入居率が安定していれば毎月安定した収入をもたらしてくれますが、空室率が多いようですと不動産による収入は不安定となります。

FXと不動産によるマンションやアパートの賃貸収入を比較してみますと不動産は不労所得を得るのに初期費用の金額が大きく掛かります。
マンションやアパートを所有するとなるとフルローンによる借り入れも可能ですが、数千万から数億の投資資金が必要になります。また老朽化により修繕費なども築年数の経過と共に掛かりますので、不動産によるマンションやアパート経営は小資金で手軽に始められる投資とは無縁と言えるのではないでしょうか。

FXのスワップポイントは外国為替証拠金取引業者へ口座開設して数万円から数十万円の必要証拠金を預け入れ、通貨ポジションを保有しますと、その日からスワップポイントを受け取ることが出来ます。
不動産とでは証拠金により得られる収入も大きく違いますが、外国為替市場(インターバンク)は24時間取引可能な為、多忙なビジネスマンやパート主婦の方でも空いた時間に小資金から始められ、不労所得を得ることが出来ます。

FXと外貨預金

FXの為替金利以外で不労所得を得る方法に外貨預金や外貨定期預金があります。
外貨預金や外貨定期預金は外国為替証拠金取引と同じように外貨を取り扱う金融商品ですが、外国為替証拠金取引は外貨預金や外貨定期貯金にはない特性がありますので金融商品としては少々異なるものです。

FXでは通貨ポジションを保有する際の交換手数料が数十銭なのに対して、外貨預金や外貨定期預金は数円程度ですから10倍以上の差があることになります。
このように交換手数料が高いために外貨預金や外貨定期預金は提示してある年換算利回りとは大きく違うものになってしまうのです。
外国為替証拠金取引ではレバレッジ(てこの原理)を用いてトレードを行ないますが、レバレッジ(てこの原理)を1倍にして通貨ポジションを保有してスワップポイントを受取るのであれば、外貨預金や外貨定期預金とほとんど変わりないといえるでしょう。

FXでは為替金利のスワップポイントを目的とした運用方法も確立しており、実践している投資家は通貨スワップ派と呼ばれており、レバレッジ(てこの原理)を低く抑えて毎日スワップポイントを受取ります。

FXと定期預金や定期貯金

FXの為替金利以外で不労所得を得る方法に定期預金や定期貯金の利息などがあります。定期預金は銀行、定期貯金は郵便局で取り扱っており、年月により利回りは異なりますが不労所得とはほど遠い利回りといえるのではないでしょうか。

FXのスワップポイントは通貨ポジションを保有している限り毎日受取ることが出来ますので、そもそも定期預金や定期貯金のように契約期間がありません。
通貨ポジションは保有してから数分後に決済しても、数年間保有していても問題なく、投資家の自由です。
定期預金や定期貯金は契約になりますので好きな時に引き出しが出来ず、引き出そうとすれば中途解約をすることになります。

FXではレバレッジ(てこの原理)を用いて通貨ポジションを保有しますが、レバレッジ(てこの原理)を1倍で行なえば、定期預金や定期貯金と同じなのです。
為替金利のスワップポイントはこのように行なっても10%以上の年換算利回りが見込めますので、金融資産の一部を外国為替証拠金取引で運用することは有益といえます。また金融資産の一部を外貨で運用することは今後、必然的になることでしょう。

FXと投資信託(ファンド)

FXの為替金利以外で不労所得を得る方法には投資信託(ファンド)の分配金や値上がり益があります。
投資信託(ファンド)は銀行や証券会社で販売しており、毎月や半期など定期的に分配金が支払われますが、スワップポイントのように毎日は支払われません。

FXの為替金利と比較しますと投資信託(ファンド)は外国為替取引と同じように小資金から始められる金融商品で株式で運用する投資信託(ファンド)や債券で運用する投資信託(ファンド)、不動産(J−REIT)で運用する投資信託(ファンド)などあります。

FXでは投資家自身が運用するのに対して投資信託(ファンド)はファンドマネジャーが投資家から集めた資産をそれぞれの投資先に合わせて運用しますので優良な投資信託(ファンド)を選ぶことが重要といえるでしょう。
また投資信託(ファンド)の場合、運用成績が振るわなかったり、運用資産が減少したりすると突然の運用打ち切りとなることもありますので不労所得とはいえません。
外国為替取引では投資家が保有ポジションを決済しない限りスワップポイントは毎日受取ることが出来ます。

FXの通貨スワップポイント

FXの通貨スワップポイントは毎日受取ることが出来ますので不労所得といえます。
通貨スワップポイントは高金利国の通貨を買い、低金利国の通貨を売る為替トレードを行なうことで発生し、ポジションを保有し続ける限り毎日受取ることが出来ます。
株式投資等では配当金を年1〜2回受取ることが出来ますが業績が悪ければ無配当の時もありますし、倒産すれば株券は紙屑同然になってしまいます。

FXでは通貨スワップポイントを受取ることを目的とした投資法も確立しており、スワップ派と呼ばれる投資家はレバレッジ(てこの原理)を低くしてポジションを長期間保有し続けます。為替トレードをするのはポジションを保有する時だけで、為替差益や為替差損が発生しても何もしません。
つまりポジションを決済せずに資金管理及びリスクコントロールをしっかり行なっていれば、不労所得として通貨スワップ金利を毎日受取ることが出来るのです。

FXでは為替トレードによる為替差益が魅力の一つですが労働を要する為、不労所得とは言えません。通貨スワップポイント運用こそが不労所得なのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。