FXと投資信託(ファンド)

FXの為替金利以外で不労所得を得る方法には投資信託(ファンド)の分配金や値上がり益があります。
投資信託(ファンド)は銀行や証券会社で販売しており、毎月や半期など定期的に分配金が支払われますが、スワップポイントのように毎日は支払われません。

FXの為替金利と比較しますと投資信託(ファンド)は外国為替取引と同じように小資金から始められる金融商品で株式で運用する投資信託(ファンド)や債券で運用する投資信託(ファンド)、不動産(J−REIT)で運用する投資信託(ファンド)などあります。

FXでは投資家自身が運用するのに対して投資信託(ファンド)はファンドマネジャーが投資家から集めた資産をそれぞれの投資先に合わせて運用しますので優良な投資信託(ファンド)を選ぶことが重要といえるでしょう。
また投資信託(ファンド)の場合、運用成績が振るわなかったり、運用資産が減少したりすると突然の運用打ち切りとなることもありますので不労所得とはいえません。
外国為替取引では投資家が保有ポジションを決済しない限りスワップポイントは毎日受取ることが出来ます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。