FXと外貨預金

FXの為替金利以外で不労所得を得る方法に外貨預金や外貨定期預金があります。
外貨預金や外貨定期預金は外国為替証拠金取引と同じように外貨を取り扱う金融商品ですが、外国為替証拠金取引は外貨預金や外貨定期貯金にはない特性がありますので金融商品としては少々異なるものです。

FXでは通貨ポジションを保有する際の交換手数料が数十銭なのに対して、外貨預金や外貨定期預金は数円程度ですから10倍以上の差があることになります。
このように交換手数料が高いために外貨預金や外貨定期預金は提示してある年換算利回りとは大きく違うものになってしまうのです。
外国為替証拠金取引ではレバレッジ(てこの原理)を用いてトレードを行ないますが、レバレッジ(てこの原理)を1倍にして通貨ポジションを保有してスワップポイントを受取るのであれば、外貨預金や外貨定期預金とほとんど変わりないといえるでしょう。

FXでは為替金利のスワップポイントを目的とした運用方法も確立しており、実践している投資家は通貨スワップ派と呼ばれており、レバレッジ(てこの原理)を低く抑えて毎日スワップポイントを受取ります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。