FXと不動産

FXの為替金利以外で不労所得を得る方法に不動産によるマンションやアパートなどの賃貸収入があります。
不動産収入は入居率が安定していれば毎月安定した収入をもたらしてくれますが、空室率が多いようですと不動産による収入は不安定となります。

FXと不動産によるマンションやアパートの賃貸収入を比較してみますと不動産は不労所得を得るのに初期費用の金額が大きく掛かります。
マンションやアパートを所有するとなるとフルローンによる借り入れも可能ですが、数千万から数億の投資資金が必要になります。また老朽化により修繕費なども築年数の経過と共に掛かりますので、不動産によるマンションやアパート経営は小資金で手軽に始められる投資とは無縁と言えるのではないでしょうか。

FXのスワップポイントは外国為替証拠金取引業者へ口座開設して数万円から数十万円の必要証拠金を預け入れ、通貨ポジションを保有しますと、その日からスワップポイントを受け取ることが出来ます。
不動産とでは証拠金により得られる収入も大きく違いますが、外国為替市場(インターバンク)は24時間取引可能な為、多忙なビジネスマンやパート主婦の方でも空いた時間に小資金から始められ、不労所得を得ることが出来ます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。