FXの為替金利は複利効果

FXの為替金利(スワップポイント)には複利効果があります。
複利効果とは天才物理学者のアルバート・アインシュタインも『数学の歴史上最大の発見は何か?』との問いに『複利』と答えるほどで投資期間が長期間になるほど驚異的な効果を発揮します。

FXで実際に為替金利(スワップポイント)の複利効果を得るにはレバレッジ(てこの原理)を低く抑えてポジションを増やしていく方法があります。
例えば、レバレッジ(てこの原理)を4倍以内と決め、為替金利(スワップポイント)による不労所得運用をしようとした場合、安易にポジションを増やしてしまいますとレバレッジ比率はどんどん上がってしまいます。
複利効果を利用してレバレッジ(てこの原理)を4倍以内に抑える為には、保有しているポジションから生じる為替金利(スワップポイント)を引き出さずに貯める事です。
そして新たにポジションを増やしてもレバレッジが4倍以内に納まるようになった時に新規ポジションを増加させます。

FXで不労所得運用を行なう場合は上記を繰り返す事によりレバレッジを低く抑えられ、ポジション数が増加すると共に為替金利(スワップポイント)の受取り金額も増えますので最も効果的な複利運用といえるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。